創業融資の攻略法

3/3ページ

創業者が無担保無保証で融資を受けるには

一念発起して融資を受けての起業を決心したとは言え、やはり融資は事実上の借金です。もちろん事業は成功させる気は満々ですが、万が一のことを考えると無担保無保証で借りられたら…。 そんな夢のような無担保無保証の制度が本当にあるのでしょうか? それが日本政策金融公庫の創業関連の融資制度なのです。

創業融資は一発勝負!?一度失敗したら二度と申込できないのか?

「一度融資の審査結果NGが下ったあとはすぐに同じ銀行へ融資の申し込みができず、半年以上空けなければならない」という都市伝説がまことしやかに流れています。 果たして本当にそうなのでしょうか? 結論から言うと、「半年以上空けるなければならない」ということはありません。 銀行融資審査がNGだった原因を突き止めて改善すれば、すぐにでも再申し込みは可能です。 どこがNGだったのかは、担当者は詳しく教えてくれるケースはまれですが、言葉の節々にヒントが隠されているはずです。

創業融資の意外な落とし穴、それは【通帳確認】

日本政策金融公庫の新創業融資等で融資を受ける場合、代表者個人の通帳を提出します。 そのことを起業家の方にご説明すると、多くの方はびっくりされます。「え、何で?」というのが本音のようです。 実際、私も創 […]

起業と代表者保証?生活を守りながら起業にチャレンジする方法

日本の中小企業において、会社と経営者個人は一体で、融資を受けるにあたっては、経営者(代表者)個人に対しても、連帯保証(=代表者保証)を求められることが多いです。その代表者保証と起業の関連性について考えました。

1 3