自己資金

起業家なら知っておくべき!日本政策金融公庫の新創業融資

起業家ならば誰でも通る!と言っても過言ではない、日本政策金融公庫の新創業融資。なぜ多くの起業家が他の融資制度ではなく、新創業融資を使うのか、そのメリットをお伝えします。 日本政策金融公庫の新創業融資と […]

意外と知らない!スタートアップの融資金額の目安!

スタートアップがエクイティで数千万円〜数億円の資金調達を完了した、そんなイケイケの状況でも、融資においてはスタートアップと金融機関との間になかなかの温度差が生じ、金融機関との間に残念な空気が流れること […]

一人親の子どもと共に“小さな幸せ”を積み重ねたい /「シングルズキッズ」代表・山中真奈氏インタビュー

シングルマザーが対象のシェアハウス「MANA HOUSE上用賀」。施設内の食堂を会員制にして開放し、地元との繋がりを強めていきながら、地域ぐるみで利用者のサポートを図る。運営を行うのは「シングルズキッ […]

登記費用が半額!?補助金も!?創業者のための認定特定創業支援事業とは

市区町村と地域の事業団体が連携して創業者向けの支援事業を行い、一定の回数、期間を修了した創業者に「認定特定創業支援事業による支援を受けたことの証明書 」を交付します。 この証明書を提示することにより、創業に関する各制度において優遇措置を受けられるというものです。 認定を受けることで、会社の設立や融資、引いては補助金まで優遇措置を受けられる可能性のある非常に魅力的な認定制度です。しかも、難しい試験を受ける必要が有るわけではなく、市区町村によっては4回ほどの支援を受けるだけで認定を受けることが出来るため、ハードルも決して高いものではありません。

創業融資は一発勝負!?一度失敗したら二度と申込できないのか?

「一度融資の審査結果NGが下ったあとはすぐに同じ銀行へ融資の申し込みができず、半年以上空けなければならない」という都市伝説がまことしやかに流れています。 果たして本当にそうなのでしょうか? 結論から言うと、「半年以上空けるなければならない」ということはありません。 銀行融資審査がNGだった原因を突き止めて改善すれば、すぐにでも再申し込みは可能です。 どこがNGだったのかは、担当者は詳しく教えてくれるケースはまれですが、言葉の節々にヒントが隠されているはずです。

「自己資金」とは?創業融資の最重要ポイント「自己資金」を徹底理解!

銀行融資において自己資金は大変重要な審査項目です。 創業者が利用する融資で最もメジャーと言っていい日本政策金融公庫の「新創業融資制度」と「信用保証協会の制度融資」における「自己資金」を徹底理解しましょう!

創業融資の意外な落とし穴、それは【通帳確認】

日本政策金融公庫の新創業融資等で融資を受ける場合、代表者個人の通帳を提出します。 そのことを起業家の方にご説明すると、多くの方はびっくりされます。「え、何で?」というのが本音のようです。 実際、私も創 […]