運転資金

起業家なら知っておくべき!日本政策金融公庫の新創業融資

起業家ならば誰でも通る!と言っても過言ではない、日本政策金融公庫の新創業融資。なぜ多くの起業家が他の融資制度ではなく、新創業融資を使うのか、そのメリットをお伝えします。 日本政策金融公庫の新創業融資とは? 新創業融資とは、創業前〜創業後2期以内の個人・法人を対象とした融資制度です。 新創業融資の概要 新創業融資の主な融資条件は次の通りです。 自己資金が必要 1期を終えていない場合、原則的には創業資 […]

意外と知らない!スタートアップの融資金額の目安!

スタートアップがエクイティで数千万円〜数億円の資金調達を完了した、そんなイケイケの状況でも、融資においてはスタートアップと金融機関との間になかなかの温度差が生じ、金融機関との間に残念な空気が流れることがあります。そこで、今回は意外と知られていないスタートアップの融資金額のめやすについてまとめました。なお、下記はあくまでも【無難なめやす】なので、状況・条件が整っていればその限りではありません。 まず […]

あなたも代表者保証が外せる?日本政策金融公庫の【経営者保証免除特例制度】の拡大!

スタートアップや中小企業が利用する融資は、無担保無保証であることが多いです。 ここでいう無担保無保証とは、土地建物等の担保や第三者の保証が不要ということであって、代表者(経営者)の連帯保証は必要、というのが一般的です。その連帯保証のことを【代表者保証】または【経営者保証】といいます。 関連記事 起業と代表者保証?生活を守りながら起業にチャレンジする方法 覚悟が決まっている経営者の中には、代表者保証 […]

東京都限定!資金繰り改善の救世主!?【東京都新保証付融資制度】とは。

資金繰りは創業期、成長期など事業のフェーズに関わらず社長の頭を片時も離れない関心事です。 頼みの綱である銀行は「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を貸さない」と言われることもあるように、本当に必要な時に味方になってくれないケースもあります。 どこの銀行も協力してくれないとなると、事業が破綻する可能性が一気に高まります。 東京都ではそうした資金繰りに窮している企業への金融円滑化をある仕組みを作って支援しています。 それが以下にご紹介する「東京都新保証付融資制度」です。

運転資金はどれくらいの金額を借りられるの?という質問にお答えします。

運転資金の融資を受けたい。 でも、どのように見積もればいいのか、いったいどれくらいまで借りられるのか? そんな疑問にお答えする記事です。 運転資金とは? 融資を申し込みする場合金額の内訳は「設備資金」と「運転資金」の2種類に分かれます。 設備資金は必要な設備を購入するための資金であり、機械、WEBサイト、車、などが含まれます。 運転資金には人件費、仕入れ資金、広告宣伝費等が含まれます。 機械やWE […]

【速報】クラウドファンディングのキャンプファイヤーが中小企業向け融資をスタート!どんな融資なんだろう?

日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームであるキャンプファイヤーが、企業向けの融資をスタートすると発表しました。 クラウドファンディング大手のキャンプファイヤー(東京・渋谷)はクラウドファンディングと連携した企業向け融資サービスを28日に始める。同社のサイトで資金調達に成功した企業が対象。100万円を上限に年15%の金利で貸し出す。 (キャンプファイヤー、企業向け融資サービス開始:日本経 […]

東京限定の融資制度、創業サポート事業はご存知?東京都内で起業する女性・若者・シニアは必見!

東京都の創業サポート事業をご存知でしょうか?正確には「女性・若者・シニア創業サポート事業」という、東京都限定の新しい融資制度です。東京都の女性、若者(39歳以下)、シニアの起業家は必見です。