融資

1/6ページ

起業家なら知っておくべき!日本政策金融公庫の新創業融資

起業家ならば誰でも通る!と言っても過言ではない、日本政策金融公庫の新創業融資。なぜ多くの起業家が他の融資制度ではなく、新創業融資を使うのか、そのメリットをお伝えします。 日本政策金融公庫の新創業融資とは? 新創業融資とは、創業前〜創業後2期以内の個人・法人を対象とした融資制度です。 新創業融資の概要 新創業融資の主な融資条件は次の通りです。 自己資金が必要 1期を終えていない場合、原則的には創業資 […]

融資も考えて決算を!PL脳が見落とすBS勘定!

スタートアップでは、当初エクイティでの資金調達のみで事業を進めていくつもりで、融資を念頭に入れずに決算をしてしまい、結局、後々融資にトライにトライする際に決算書で苦労するケースが散見されます。資金調達はエクイティだけではありません。融資も選択肢に入れた方がいいので、。今回は、デットファイナンスで重要となるBS勘定のポイントについてお伝えします! まずは結論から! 融資を受けるに当たっては、 決算書 […]

「学生」起業の融資で絶対に気をつけるべき3つのポイント

学生起業のご相談が増えてきました。マーク・ザッカーバーグ、孫正義、江副浩正、ホリエモン…………学生起業で成功している例は枚挙に暇がなく、多くの学生が憧れるところ。 さて、学生起業でも、学生以外の起業と土俵は同じ。起業家に覚悟と準備があれば融資による資金調達も可能です。実際に弊社でも学生起業の融資が成功した事例はあります。 そこで、学生起業で融資を申し込む場合に気をつけるべき、最低限満たす […]

【起業家インタビュー】融資は資金に余裕があるタイミングがベスト|空き倉庫のマッチングサービス「souco」中原久根人

利子付きで調達資金を返済する必要があるため、デッドファイナンス(Dead Finance)とも揶揄される「デットファイナンス(Debt Finance=融資)」。しかし、タイミングを見極めて使うことで、スタートアップが事業を拡大する大きな手助けになってくれます。 融資の知識はまだまだ浸透しておらず、活用できていない企業が多いのが現状も。そんな中で、融資を活用して上手な事業計画をすすめているのが株式 […]

本気で世界を変える。企業の機密文書処理サービスをタダで提供するe-Pod事業を運営するTAAS(ターズ)代表・大越隆行氏に経営戦略を聞く

企業の機密文書処理サービス「e-Pod」。企業にとっては間接コストがかさむ領域だが、これを業界で初めて初期費用・利用料・容量無制限でタダで提供するアップデート版「e-Pod Digital」を展開する同社。機密回収ボックス内に内蔵されるデジタルサイネージから広告配信をし、広告収入を得るため利用企業はタダで使用できる、という画期的なアイディア。また最大の特徴は、企業の処理コストをゼロにすること。運営 […]

一人親の子どもと共に“小さな幸せ”を積み重ねたい /「シングルズキッズ」代表・山中真奈氏インタビュー

シングルマザーが対象のシェアハウス「MANA HOUSE上用賀」。施設内の食堂を会員制にして開放し、地元との繋がりを強めていきながら、地域ぐるみで利用者のサポートを図る。運営を行うのは「シングルズキッズ株式会社」だ。設立時期は2015年7月だが、2017年2月に1,000万円の融資を行って同施設をオープンした。同社代表取締役の山中真奈氏は、何故この施設を作ろうと思ったのか。また、起業するまでにはど […]

請求書を24時間で現金化するOLTAのクラウドファクタリング!金融の常識を覆した代表・澤岻優紀氏の描く中小企業の資金調達とは?

中小企業の新たな資金調達手法として注目を集める「クラウドファクタリング」を手がけ、金融業界に新しい風を吹き込んでいるのが、昨年4月に創業したばかりのOLTA株式会社だ。AIとインターネットを活用することで、審査にかかる手間と手数料を大きく引き下げ、請求書を24時間以内に現金化する圧倒的スピード感は、「お金を借りるのはめんどくさい」という常識を覆すものとして好評を博している。同社は創業前から三菱UF […]

資本性ローン!スタートアップを挑戦を支援する融資制度の実際は?

スタートアップ/ベンチャーの起業家からよく「資本性ローンってどうですか?」とご質問いただきます。 そこで、資本性ローンを複数件サポートさせてもらっての所感も含めて、資本性ローンについてまとめてみました。

眠っているデザインと技術をつなぐ共創型メーカー「TRINUS(トリナス)」

増資を果たしスタートアップに舵を切った代表・佐藤真矢氏のものづくり戦略とは 2014年11月のサービス開始から4年弱で「新しい仕組みを世の中に生み出し人の流れを変えた」ものづくりプラットフォームがある。それが「TRINUS(トリナス)」だ。今年2月には総額5,500万円強の第三者割当増資を発表し、6月にも、森永製菓株式会社および株式会社メルカリ取締役社長兼COO・小泉文明氏を引受先とする資金調達を […]

想像を超える好条件で融資を受けることができました!

ご紹介等も含め何人かの専門家の方に会いましたが、GOALの若林さんにお会いして、私共の「事業への共感」と「理解の深さ」に強い信頼感を抱き、依頼しました。かなりタイトなスケジュールでのサポートをお願いしましたが、下相談から資料作成、アドバイスまできめ細かく、また常に迅速に対応いただき、安心してお任せすることができました。

1 6