創業計画書の書き方は審査に影響する?提出前に確認すべきポイント3選

創業計画書の書き方は審査に影響する?提出前に確認すべきポイント3選
The following two tabs change content below.

若林 哲平

株式会社INQ代表取締役CEO、行政書士法人INQ代表。 様々な領域のスタートアップの融資による資金調達(デットファイナンス)を支援。年間130件超10億以上の調達を支援するチームを統括。行政書士/認定支援機関。複数のスタートアップの社外CFOも務め、業界への理解が深く、デットだけでなくエクイティ両面の調達に明るく、対応がスムーズだとVCやエンジェル投資家からの信頼も厚い。趣味はキャンプと音楽。4児の父。

創業計画書とは、新たに事業を始める際に事業計画等を記入する書類であり、創業融資の審査を通過する上で欠かせないものです。

創業計画書のダウンロードはこちらから

融資の成否を分ける書類であるため、その書き方に悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

スタートアップの融資支援を行なっているINQでも、創業計画書の書き方に関するご相談をよく頂きます。

INQの無料相談はこちらから

そこで本記事では、創業計画書の作成する際に注意すべきポイントを、詳しく紹介していきます。

具体的な項目ごとの書き方については、こちらの記事をご覧ください。

認定支援機関が作成した記入例を確認することができます。

 

この記事のポイント
・創業計画書の書き方は融資の成否に大きく影響する
・公庫担当者が「融資をしたい」と思う書き方とは?
・補足資料を必ず準備!準備の差が審査の明暗を分ける

創業計画書の書き方は審査に影響する?

創業計画書の内容・書き振りは、審査に大きな影響を与えます。

創業期は決算書などが無い状況での融資なので、代表者の属性に比重が置かれます。そして審査担当者は、面談で代表者が話す内容の他、創業計画書の内容や書き振りから代表者が信用に足る人物かを推測するため、創業計画書の書き方が重要です。

創業計画書を出す前に!大事なチェックポイント

創業計画書は融資の可否に大きく影響します。ポイントを理解することで失敗リスクを減らすことが可能です。というのも公庫担当者が確認・重視するポイントは決まっているからです。創業計画書の作成の際には、以下のチェックポイントを確認してみてください。

堅実なプランをアピールできているか?

公庫担当者は安定性と継続性、つまり確実に事業が存続するかを重視します。

そのため、創業計画書の内容は堅実なプランにすることが原則です。

「堅実なプラン」とは、

・市場が存在していることが明らかな環境下で

・持続的なビジネスモデルによって

・継続的に着実な成長を狙う

事業計画を指します。

 

金融機関が評価しやすいスモールビジネス
既に市場が存在している環境下で持続的なビジネスモデルによって継続的に、着実な成長を狙う
金融期間が評価しにくいスタートアップモデル
市場の存在が不確実な環境下で新しいビジネスモデルを生み、急激な成長とエクジットを狙う

VCやエンジェル投資家が評価するプランとは逆の方向になるので、ご注意ください。

公庫の記入例を参考にしていないか?

公庫のホームページには、いくつかの記入例が掲載されています。

しかしこれらを参考に創業計画書を作成しても、融資に失敗する可能性が高いです。

というのも、実はこれらの例は、どれも理想的なものでは無く、公庫担当者ですら出来栄えが悪いと考えているからです。

以下、2つの例に絞って記入例のマイナスポイントを簡単に紹介します。

・創業の目的/動機が弱い

記入例の動機付けの記述は、どれもとても貧弱で、場当たり的な印象を与えかねません。

起業が突発的なものでなく、しっかりと考え練られたものであることをアピールする書き方が理想的です。

・セールスポイントが弱い

記入例はどれもターゲットが曖昧であり、他社よりもどこが優れているのかが不明瞭です。

秀でた製造技術や営業手法等を具体的にアピールする書き方が理想的です。

合わせて、代表者自身の事業経験との一貫性が示されているとより良いでしょう。

項目ごとのポイントは、以下の記事で詳しくご紹介しています。

参考にできる記入例もありますので、創業計画書作成の際に是非お役立てください。

関連書類の準備は足りているか?

創業計画書を提出するだけでは、新規事業の堅実性をアピールするのに情報が不十分です。

少なくとも以下に紹介する2つの書類を追加で提出することをお勧めします。

・資金繰り表

日本政策金融公庫も、いくら公的な金融機関とはいえ、円滑な返済が望めないような融資は実行しません。そのため、審査における最大の関心ごとは、融資先の資金繰りになります。

詳細な資金繰り計画を作成して、審査の際にすらすらと説明することができれば、公庫担当者に非常に良い印象を与えることができます。

・経歴に関する資料

創業計画書内では簡単な略歴しか記載できませんが、代表者自身の経歴は審査において重要な要素です。過去の職務を単に羅列するだけでなく、勤務経験で培った強みやノウハウをアピールし事業内容と関連させることで、公庫担当者に安心感を与えることができます。

創業計画書は公庫担当者との最初の接点

創業計画書は、公庫担当者に最初に審査してもらう場面で提出するものだからこそ、慎重に作成する必要があります。作成の際には、チェックポイントと合わせて、認定支援機関による記入例をご利用ください。

創業融資は一度失敗すると「一定期間は融資を受けられない」「次回以降の審査が厳しくなる」といったリスクが存在します。

  • どの融資を選べばいいのか分からない….
  • 融資の進め方に不安がある
  • 専門家に書類作成のアドバイスをもらいたい

というお悩みがありましたら、先ずは一度お気軽にINQの無料相談をご利用ください。無料相談では、認定支援機関であるINQが無料で現状の整理を行い、最適なプランをご提案します。

INQの無料相談はこちらから

融資の無料相談はこちら

累計500件超のスタートアップの融資成功実績を持つ専門家が徹底サポート!

融資についてのご相談は下記ボタンよりお寄せください。
(無料相談お申込フォームが開きます)

創業融資の基礎知識カテゴリの最新記事