起業の基礎知識

2/2ページ

〈良記事シェア〉VCや事業会社に投資してもらうためのピッチデック(プレゼン資料)に最低限入れるべき12のこと

10月4日に予定している【融資+出資】スタートアップ資金調達セミナーですが、定員50席があっちゅうまに満席になってしまったので、11月にも追加セミナーが決定しました。 ご興味ある方は↓こちら↓をご覧く […]

【速報】クラウドファンディングのキャンプファイヤーが中小企業向け融資をスタート!どんな融資なんだろう?

日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームであるキャンプファイヤーが、企業向けの融資をスタートすると発表しました。 クラウドファンディング大手のキャンプファイヤー(東京・渋谷)はクラウドファン […]

登記費用が半額!?補助金も!?創業者のための認定特定創業支援事業とは

市区町村と地域の事業団体が連携して創業者向けの支援事業を行い、一定の回数、期間を修了した創業者に「認定特定創業支援事業による支援を受けたことの証明書 」を交付します。 この証明書を提示することにより、創業に関する各制度において優遇措置を受けられるというものです。 認定を受けることで、会社の設立や融資、引いては補助金まで優遇措置を受けられる可能性のある非常に魅力的な認定制度です。しかも、難しい試験を受ける必要が有るわけではなく、市区町村によっては4回ほどの支援を受けるだけで認定を受けることが出来るため、ハードルも決して高いものではありません。

クラウドファンディング「Kickstarter」がついに上陸!

クラウドファンディングの本家本元であるアメリカの「Kickstarter」がついに日本に上陸します。日本のクラウドファンディングに新たな方向性が生まれることは必至と言っていいでしょう。Kickstarterの日本上陸が話題になっているのは、当然クラウドファンディングの代表格が初上陸ということもありますが、Kickstarterの利用者はKickstarterが参入することで、日本だけでなく世界全体に向けた資金募集がしやすくなると言われているところにもあります。